原稿を用意しよう!
【必要な原稿の種類】
 
 
表紙・裏表紙・中表紙・おくずけ・
前記・後記・漫画本文
 
その他に、表紙と中表紙の間に挟む”遊び紙”
というのがありますがいらない人はそのままでも大丈夫!
カラーフィルムを表紙に貼ったり、表紙の用紙の素材を
好きな色などに変えてみたり色々楽しめます。
昔の書物のように紐で綴じた本を作ったり、袋とじを作って
買ってからのお楽しみページを作るなど。
手間はかかりますが楽しさは広がります。
 
表紙は平綴じでも中綴じでも印刷した1枚の用紙で
他の印刷した原稿を包むように使用します。
※綴じ方の説明は、それぞれ他のページでしまが、
中綴じは4の倍数、平綴じは2の倍数じゃないと
本が作れないので注意しましょう。
*表紙・裏表紙
【単色表紙】
安く作れます。カラーと比べると地味ですが
カラーフィルムをつけて装飾するなど手を加えれば
カラー表紙にも負けないものにもなる。

【カラー表紙】

お金はかかりますが華やかなので人目につきやすい。

表紙だけプリンターで印刷する人や、
印刷所に頼む人もいます。
本の内容や好みで作ってください。
*中表紙
文字だけでもいいし絵を描いてもいい。
中表紙部分に前記とかでもいい。自由に使いましょう
*本文
漫画(小説)など本のメイン
*前記・後記 
挨拶文なのであった方がいいでしょう。
*おくずけ
誰が作った本か記入するページ
ワクワクするのぉ〜v

【おくずけ、とは?】
誰がいつ作った本かなど、分かりやすいように記載します。
”おくずけ”で1ページ使わなくても”後記”と合体させたり
ページ数にあわせて調節してもいい。



大きなイベントで本を発行する際、
”おくずけ”をキチンと記入していないと
発行できない場合があるので注意しましょう。

※以下、記載したほうがいい項目の説明
画像を参考に照らし合わせて読んでくださいね。
 
おくずけ
・発行日  
イベントで本を発行した日。
その本を作って出たイベントの日付を書きます。
 
・発行元  
サークル名を記入。  
・お問い合わせ  
住所を書くのは抵抗があるでしょう。
書かなくとも平気なイベントもありますが、
書かないと発行できないイベントもありますので注意。
例の名前は適当です(笑)
 
この他、WEBサイトがある人はアドレスを書いたりしてもいい。
 
戻る
Copyright (C) 2008 * 同人誌のつくりかた * コピー本作成 All Rights Reserved.